少林寺拳法 大阪神宮寺道院 八尾市 柏原市 健康プログラム

少林寺拳法 柏原市法善寺近くの健康クラブと大阪神宮寺道院のブログ

柏原市 八尾市近くの~少林寺拳法 柏原法善寺健康クラブのブログです。八尾・志紀・柏原・法善寺町にて活動しています。練習生募集中です。 現在は男女6歳から65歳を超える方まで、幅広い年代で募集練習しています。 武道、護身術に興味がある、特に運動不足解消、礼儀作法を身につけたい、心身を鍛えたい等、目的は様々と思います。 是非一度道場までお越しください。連絡先TEL: 090-8939-8160(下川)

1985年より大阪府八尾市、柏原市にて永年定着させて頂き誠に感謝申し上げます。地域に登録者800名を超えるOBになりました。関係者各位に日々の道院長ブログ、写真で行事の様子や活動報告をさせて貰っております。合掌

■健康プログラムの1つ 宗道臣デー in柏原法善寺クラブ

宗道臣デー in柏原法善寺健康クラブでも、施設の清掃活動を実施しました。3時間~とても清々しい日になりました、今後も気持ち良く使用出来ます。また、ご近所からも、学校からも喜んで頂いており、清掃活動は、バッチリ!吾輩の健康プログラムの1つになりました。 平日にて保護者サポーターのご家族・拳士も参加してくれました。

 ■アルバム (sakura.ne.jp)

f:id:jin-good-g-martial-arts:20210515223445j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20210515223459j:plain

f:id:jin-good-g-martial-arts:20210515223540j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20210515223517j:plain

f:id:jin-good-g-martial-arts:20210516200507g:plain
■「入門・体験学習のご案内」2021年4月~5月
f:id:jin-good-g-martial-arts:20210424181259j:plain

f:id:jin-good-g-martial-arts:20210512123226j:plain

■□道院拳士・一般部・OB各位
新年度替わりも、コロナ禍にて中々お会いし会話する機会もありません~
 < ご家族様には、よろしければ一読ください > 合掌
f:id:jin-good-g-martial-arts:20210516200507g:plain
勤続36年目から活動方針   
 f:id:jin-good-g-martial-arts:20210507212651j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20201205230643j:plainこの道院では、勤続35年間の中で様々なタイプの子が入会して参りました、マイ武道歴も振り返り16才柔道を始め~社会人と50年目に入り、我ながら驚いています。これは拳士がいるからこそで、とても一人では継続出来ません。

 永年の育児と躾けは いつの時代も苦労と闘い、をされてきた保護者も多いかとお察します。吾輩も含めて
躾け方針は、少林寺拳法のテーマでもあり子のタイプにより様々であり、保護者と道院の二人三脚を持って、微力ながら力になれるように、今後もご支援を賜りながら引き続き活動して参ります。
 親の生き様 や背中を見て、節度と言動と躾けは理想的なものには行かないことが多く、社会環境も価値観も変わり、まさしく親心の永遠のテーマになっています。

兄妹姉妹には一様に接していても、子のタイプにより性格も受け取り方も又違って、親の思うように育たないのが子供です。理想と現実で、特に悩む必要もございません
 少林寺拳法の道院では、形(技術)から入り「技術習得のレベルアップ」と同時にメンタルも生き生きと振い、自信を付ける、子のタイプに合わせた接し方、については保護者様と連携しながら形から入り、少しでも心身両面から対面指導に努めて如何に継続させることだと思います

f:id:jin-good-g-martial-arts:20210516200507g:plain
【 方 針 】精神的、行動的  

f:id:jin-good-g-martial-arts:20190602000242p:plain <対象者 園児・小中学生・高校生>
幼少期から型から入り心の意地を育て、情緒安定を図る
・その子のタイプを知り、無限の可能性の芽を育てる
悪事に誘導されない道徳的行動・知識・抑止力を育てる
・近代メディアの便利さに依存症とならぬ、自己抑制力を養う
f:id:jin-good-g-martial-arts:20210516200507g:plain

■□学科があり「講義、教育」により態度、節度の文武両道に寄って徐々に心身が変化していく

・意地とは素直なもの、踏ん張る、がまん、努力する、運動を楽しみ継続して、同志から良い元気パワーを頂き、目標設定が意欲が出てくる、そして自他共に他人と協調して言動を正し慎み、自分を律する、正義感と勇気を育て、自らが築かれていく、安定した心も全集中も可能となっていく、道院では指導者が、その環境を造る責務がある

f:id:jin-good-g-martial-arts:20210516200507g:plain
そこに愛はあるんか!!

f:id:jin-good-g-martial-arts:20190807135711j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20201024183244j:plain 道院では、型(技術)を見て他人と比較して 鍛練が足りなければ、個別管理で一定レベルまで上げ、丹田・気合いが入る様に変わっていく 少林寺拳法は技術の早咲きか遅咲きかは、問題ではなく、ゆっくり単位を積んでスモールスタートで自信と勇気をに導くことが大切であり、指導者も、あせり強制して教えるものではないと思う
 投げ出さないことが大事である それは生きてる間、一生就いて来るものであり、指導者もよく理解して、大切なことは「対面教育でそこに愛はあるんか」!!です

f:id:jin-good-g-martial-arts:20210516200507g:plain
平成~令和時代(メディア依存症候群)
 犯罪、悪の道に誘われないような判断と抑止力、をいかに身に付けさせていくか?
依存症の現代版では、ドラッグ依存、ネット情報、スマホ、SNS、食のバランス、腹八分目生活、マインドコントロールに感化、浪費癖、ローン地獄の若者が多くなっているこの社会背景で親でも知らない環境から急に襲ってくる場合も多くあります。そこで少林寺拳法の道院では、永年の教育上のデータから、自己抑制⇔武道精神を植え付けることで叶うことが分かってきました。

f:id:jin-good-g-martial-arts:20210516200507g:plain
言って聞かせ、やらせて、誉める、そして永続する

f:id:jin-good-g-martial-arts:20190602213101j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20191024222841j:plain メンタル面での教育について、便利な時代の落とし穴、メディアの大量情報やグルメ生活に依存しない、道場では強い心を目標にする弱肉強食の生活環境からも感化されずポジティブ思考に導く、降りかかる様々な社会悪事に対する物の捉え方、保護者がサポーターとなり道院が培った経験を持ち、支えとなり悩む青少年を良き方向に導く、「言って聞かせ、やらせて、誉める、そして永続する」小中高校生の多感な時期にこそ身に付けるとは、金銭よりも何よりも一生の財産となる、そのことは自分らしさをつくる「生きる力」になって参ります

以上 合掌

f:id:jin-good-g-martial-arts:20210507212651j:plain 拳士・保護者通信   
( 阪神宮寺道院のあゆみ ) 
http://www.shorinjikempo-furen.com/jinguji/ayumi.pdf

f:id:jin-good-g-martial-arts:20210424181259j:plain 2021年5月2日( 阪神宮寺道院ブログ )  

http://jin-good-g-martial-arts.hatenadiary.com/ 

・◇少林寺拳法本当の戦い乱取りスパーリングボクシングエンブ技術哲学の自己防衛。
https://www.youtube.com/watch?v=FmLzwG0V45w 

少林寺拳法#八尾市#柏原市#武道#教育システム#健康プログラム