少林寺拳法大阪神宮寺道院

少林寺拳法健康プログラムと神宮寺道院のブログ

少林寺拳法健康プログラム 大阪神宮寺道院のブログです。八尾・志紀・柏原・法善寺・堅下・藤井寺地区にて活動しています。練習生募集中です。 現在は男女6歳から65歳を超える方まで、幅広い年代が共に練習しています。 武道、護身術に興味がある、運動不足解消、礼儀作法を身につけたい、心身を鍛えたい等、目的は様々と思います。 是非一度道場までお越しください。・・・・・楽しい仲間とともに、すてきな週末のひとときを…連絡先TEL: 090-8939-8160(下川)

持論のストレス発散方法について

現代社会でもストレス発散に対処は様々ですが、物買いに癖になるのではなく、スポーツで汗をかいて発散ができる。持論ですがストレスから物買いならば赤字を産み、汗は財を産む。 お金は生かして使う。経験からすれば財は造る習慣をコツコツと身に付ける、お金は自分だけに使い過ぎても残るものはない。働いた後にスポーツ発散すると、頭は(悩み)スッキリっと健康と精神が宿る。一人だけ満足するのでなく、協力して自他共に満足する。(経験上)
開祖は、お洒落や飲み食いには一切の贅沢せず、69才まで実践されたから、この建物と人材が残りました。そして70周年に至りました、未来に繋がります。私達もまた、少なからず、後世に善き人材を残せるように、創意工夫が必要でないでしょうか。大阪神宮寺では略700名を入門させましたが、しかし作法を身に付け教え、生きる力を伝えてきたかは、定かではありません、武道精神は奥深い,傲らずにまだまだ奮起して参りたいと思います。ご賛同者には 一緒にいい 汗をかきましょう。f:id:jin-good-g-martial-arts:20171114205611j:plain

初志貫徹

昨日は子供たち20名の前でテーマ「可能性ってなあに?」についてお話しました。皆しっかり静かに聞いて頂き、その真剣な眼差しに改めて教えの責任を感じてまいりました。赤本の副読本を手に、話の間をとりながら絵本風にイメージ説明をしました。本日も集中できたかな。最近記憶に残る_ニュースでは、東北大震災前に商店を営んでいた店の主人が一切の財産を なくしても,地元を後世に残したい思いから、念願の富岡駅前ホテルを作るんだと、その熱い思いから多くの 方々に恩恵を 受けてオープンさせました。ふるさとを思う一念から初志貫徹、継続すれば願いは叶う、素晴らしいですね。次回道場ではこのお話をします。
合掌f:id:jin-good-g-martial-arts:20171107131528j:plainf:id:jin-good-g-martial-arts:20171110123831j:plain

次の目標設定に「心より」

本日は秋のスポレク発表会も終わり、次の目標設定の充電のため「少林寺拳法とは何?」お話をしました。いかに教本に忠実に、興味を沸かせるかには、面白みのある内容も必要で、時々は日常に関したこと、笑いもあります。15分過ぎ迄いつもより長めの話でした。「こころの絵本づくり」で筋書きを作り、ストーリーでお話をしますと、それから基本練習では、一同まとまってきます。その後スケは、その1「基本」姿勢を整え、膝の崩し、一字構え、運歩法、その2「ミニ演武」その3「サンドバック蹴り」その4「ミニ乱捕」その他、本日は「受身」の必要性を具体的にしました。

f:id:jin-good-g-martial-arts:20171021223815j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20171021224214j:plain

f:id:jin-good-g-martial-arts:20171021225323j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20171021225609j:plain

少林寺拳法/武術/武道/格闘