少林寺拳法大阪神宮寺道院

少林寺拳法健康プログラムと神宮寺道院のブログ

柏原市近くの~少林寺拳法健康プログラム 大阪神宮寺道院のブログです。八尾・志紀・柏原・法善寺・堅下・藤井寺地区にて活動しています。練習生募集中です。 現在は男女6歳から65歳を超える方まで、幅広い年代が共に練習しています。 武道、護身術に興味がある、運動不足解消、礼儀作法を身につけたい、心身を鍛えたい等、目的は様々と思います。 是非一度道場までお越しください。・・・・・楽しい仲間とともに、すてきな週末のひとときを…連絡先TEL: 090-8939-8160(下川)

■たかが少林寺拳法、されど少林寺拳法

少林寺拳法連盟これまで170万人を育て世に送り出し、創立70周年を過ぎた今、我が社にも多くの教え子OB拳士が存在しています。心の教えと親しみ易い護身術が有るからと思います。 人材育成にも、いろんな形、リソースがあるように、処変われば、価値観が変ります、世代、時代、イデオロギーにより、正義の在り方も様々だと思います。 人、人、人づくりによる国づくり、ですから私達が行なっている社会貢献の面から少林寺拳法は素晴らしい人づくりです。競技一貫性のルールでは勝ち負けだけに暴走し、拘り過ぎると、慈悲心思いやりはしっかりしないと育ちにくい。園児の躾けから始まり、青少年から老後迄、自信と勇気と行動力を養い、社会の秩序、礼儀、考えをしっかりと持って教え行動する、自分の可能性を発見し他人に思いやり、協力し合う行動する。道院長として世に送り出してあげたい。 そのための行動力、強さの裏付けも必要であり、まず目標持ち自己をしっかりする。 競技種目参加の目標を持たせて、老後のライフスタイルにもなる。 健康増進、頭を鍛え、心にも癒し、身を守る護身術、押さえ付けて言って聞かせてる悟す。そこには自分にとって、たかが少林寺拳法されど少林寺拳法なのです。合掌

「可能性の大阪神宮寺道院」 f:id:jin-good-g-martial-arts:20180802113215j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20180806075149j:plain

■絵本から法話へと導く

子供へ法話の仕方 ・ 法話を子供に分かり易い絵本の魅力で惹き付ける~、道徳心に導き咀嚼し~、驚くほど眼差しで聞いてくれる~〜副読本に持っていき、心の教育をする。学科と実技の両輪が必要であり、知識は記憶する学び、考える力の違いをしっかり教える。一方で護身練鍛では運動能力を高めて汗をかいて、より多く反復運動することの意味を教える。 少林寺拳法の文武両道とは〜 演武構成の記憶力を高める為、楽しみながら身体を動かして耐え忍ぶ。少林寺拳法の教育システムはまさしく文武両道ではなかろうか。 高齢者化社会の運動〜 演武構成の内容を暗記して身体を動かして見ることで、認知力を高めて行く。科学的にも認知アップにつながっていると証明されて来ています。 少林寺拳法のこれから〜 社会ニーズに合わせていく柔軟性持ち、学歴オンリー社会にサプリメントとして補う為、生きる力をを補い、コミュニケーションを補い、ゲーム社会では希薄になる秩序、武道の精神と躾けを学びて、生きる力をより強く、ひとりひとりを変えて行く。f:id:jin-good-g-martial-arts:20180707211355j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20180710083941j:plain

■3年ぶり盛況であっても中身を充実

バリューアップ委員に在籍して課題解決に取り組んでいた折に、結果が生まれず、悩んでいましたが、地域保護者の理解もあって3年ぶり拳士増員です。しかし恒久的な教えとバリューアップ(品質)を高めていくには保護者との双方向理解と道院長の二人三脚あってこそです、育ちざかりの生徒の意欲を掻き立てる為のニーズと向かい合い、向上心があってのものです。その為には拳士の普段の生活態度や個性を知る必要が有ります。後世に残して行く、ひとりでも良い人材を世に送り出したい、一筋に運営して行く。 個々の保護者にヒアリングをして個性カルテを作り、適合した教育システムで気を配り、そしてこれからも創意工夫を止めない。f:id:jin-good-g-martial-arts:20180622184210j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20180623224014j:plain

少林寺拳法/武術/武道/格闘