少林寺拳法 大阪神宮寺道院 八尾市 柏原市 健康プログラム

少林寺拳法 柏原市法善寺近くの健康クラブと大阪神宮寺道院のブログ

柏原市 八尾市近くの~少林寺拳法 柏原法善寺健康クラブのブログです。八尾・志紀・柏原・法善寺町にて活動しています。練習生募集中です。 現在は男女6歳から65歳を超える方まで、幅広い年代で募集練習しています。 武道、護身術に興味がある、特に運動不足解消、礼儀作法を身につけたい、心身を鍛えたい等、目的は様々と思います。 是非一度道場までお越しください。連絡先TEL: 090-8939-8160(下川)

1985年より大阪府八尾市、柏原市にて永年定着させて頂き誠に感謝申し上げます。地域に登録者800名を超えるOBになりました。関係者各位に日々の道院長ブログ、写真で行事の様子や活動報告をさせて貰っております。合掌

■「今日の開祖語録」第23回

【リーダ論】社会に必要なリーダを育成し社会に役立つ事を念願にして今日まで35年が経過しました。これからも心身を鍛えて自己をしっかりと確立して、自他共に思いやりや行動が出来る人間の育成に邁進す、継続は力なり
(今日の開祖語録)
「やってみなければわからんから、やってみようではないかというのが最低なかったら、人生のこの荒波に立ち向かうことはできない。やらん先から取り越し苦労をして、あきらめて待つ人間は、リーダーの資格は最初からないのです。世の中、いやなことがいっぱいありますよ。思うようにならないことのほうが多い。取り越し苦労ばかりしていてどうする。」
(1976年9月 全国指導者講習会)

【解説】
「良いと信じれば、まず行動しよう」というのは、開祖の生き方の基本でした。いくら理想を並べても、実践しなければ全く無意味だからです。もちろん、「わしは負けるケンカはやらん主義だ」という開祖のこと、やると決めたら情報を集め、あらゆる想定のもとに最善を尽くして行動されました。そんな開祖が行動しようと語りかける法話は、「やらない先からあきらめるなよ」、「やってだめなら、やり直すか、別の方法を考えればいいじゃないか」、「一人でもやれるが、みんなででもやれる人になろう」など、いつも体験からの指針に満ちていました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

f:id:jin-good-g-martial-arts:20210608174137j:plain2019年

少林寺拳法#八尾市#柏原市#武道#教育システム#健康プログラム