少林寺拳法 大阪神宮寺道院 八尾市 柏原市 健康プログラム

少林寺拳法 柏原市法善寺近くの健康クラブと大阪神宮寺道院のブログ

柏原市 八尾市近くの~少林寺拳法 柏原法善寺健康クラブのブログです。八尾・志紀・柏原・法善寺町にて活動しています。練習生募集中です。 現在は男女6歳から65歳を超える方まで、幅広い年代で募集練習しています。 武道、護身術に興味がある、特に運動不足解消、礼儀作法を身につけたい、心身を鍛えたい等、目的は様々と思います。 是非一度道場までお越しください。連絡先TEL: 090-8939-8160(下川)

1985年より大阪府八尾市、柏原市にて永年定着させて頂き誠に感謝申し上げます。地域に登録者800名を超えるOBになりました。関係者各位に日々の道院長ブログ、写真で行事の様子や活動報告をさせて貰っております。合掌

■「今日の開祖語録」第18回

「今日の開祖語録」第18回
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

(今日の開祖語録)
少林寺拳法では、握ってもらい、握ってあげて、ひっくり返し合いをしながら、私も上手になりたいが、あなたも上手になりましょうと、互いの向上を積み重ねていく。また、こうした練習形態を通して、我も存在するが我以外の、自分とはさまざまに違った他も存在するという、このわかりきったようですぐ忘れてしまう人間社会の事実を認識していく。しかも自他の存在、関係を認識する中で、自分のことだけでなく、せめて半分は他人の気持ちやら幸せを考えられる人間に自らを変えていく。これが私たちのあり方だし、少林寺拳法との出会いが、そうした自己変革への一つの契機になってくれればいいということです。」
(1973年、指導者講習会)


【解説】
法形修練のその仕組み自体に教育性があるのだと開祖は言っておられます。もちろん開祖がそのように作られ、そのように意義づけをし、うまく活用しなさいと遺していかれた仕組みです。
この仕組みをうまく使えば、技が上手になればなるほど「他人のことも考えられる」人になっていくという修練です。もし、上手になればなるほど「自分さえよければ」という人になっているとしたら、開祖は「一体何をやっているのだ」とガッカリされることでしょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

少林寺拳法#八尾市#柏原市#武道#教育システム#健康プログラム