少林寺拳法 大阪神宮寺道院 八尾市 柏原市 健康プログラム

少林寺拳法 柏原市法善寺近くの健康クラブと大阪神宮寺道院のブログ

柏原市 八尾市近くの~少林寺拳法 柏原法善寺健康クラブのブログです。八尾・志紀・柏原・法善寺町にて活動しています。練習生募集中です。 現在は男女6歳から65歳を超える方まで、幅広い年代で募集練習しています。 武道、護身術に興味がある、特に運動不足解消、礼儀作法を身につけたい、心身を鍛えたい等、目的は様々と思います。 是非一度道場までお越しください。連絡先TEL: 090-8939-8160(下川)

1985年より大阪府八尾市、柏原市にて永年定着させて頂き誠に感謝申し上げます。地域に登録者800名を超えるOBになりました。関係者各位に日々の道院長ブログ、写真で行事の様子や活動報告をさせて貰っております。合掌

■「今日の開祖語録」第20回

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

(今日の開祖語録)
少林寺拳法を易筋行といっておる。易という字は変化をするという意味だぞ。きのうの自分とあしたの自分は違わなければいけない。肉体の細胞が時々刻々に生まれ変わり、再現されつつあるのと同じようにだ。人間は死ぬまで変化を続けるべき存在でなければならんと思う。でないと、いつまでも今の君たちから出られないぞ。きょうから新しい人生を発見しろ。そうして、自分の人生を自分でつくれ。変えられる、必ず。
(1975年7月 大学少林寺拳法部合宿)

【解説】
大学生拳士たちに、自分を変えていこうと語りかけながら、いのちや人生の尊さを説いておられます。ただ変わるだけならどの動物も変わっていくけれど、今よりよくなろうと思い、そう変わろうと努力してこそ人間なのだと。
時代や社会の波にもまれながらも、自力でたくましく生きてこられた開祖です。まわりに流されて生きるような人生は違うぞと、心からわからせたかったのでしょう。どう生きるべきかをいつも問いかけ、「自分は変えられるのだ」と力強く若者たちを励ましておられました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

次回の配信予定 3月12日(金)

少林寺拳法#八尾市#柏原市#武道#教育システム#健康プログラム