少林寺拳法 大阪神宮寺道院 八尾市 柏原市

少林寺拳法 柏原市法善寺近くの健康クラブと大阪神宮寺道院のブログ

柏原市 八尾市近くの~少林寺拳法 柏原法善寺健康クラブのブログです。八尾・志紀・柏原・法善寺町にて活動しています。練習生募集中です。 現在は男女6歳から65歳を超える方まで、幅広い年代で募集練習しています。 武道、護身術に興味がある、特に運動不足解消、礼儀作法を身につけたい、心身を鍛えたい等、目的は様々と思います。 是非一度道場までお越しください。連絡先TEL: 090-8939-8160(下川)

1985年より大阪府八尾市、柏原市にて永年定着させて頂き感謝申し上げます。地域に800名を超えるOBがいます。日々の道院長ブログ、写真で行事の様子や活動報告です。合掌

■少林寺拳法、教育システムを考えてみませんか?

【精神面からの子育て】
 現代の子供に必要な「我の役割と自主性」を持って行動するシステム化して継続しています
 一般的なスポーツのような運動能力や技術力は見る見る具現化してきますが、内面(精神的)は評価がし難いこともあります。そこが難しい反面、永続して身に付くと社会人になっても礼儀作法、躾けが良い意味での影響が出るので内容(教育システム)を考え実践しています
  各家族、我が子の様子も親に見せない(外面)は分かりづらい事が多いものです。道場での顔、家庭での顔は違いますので、家庭からの通信で、何か成長過程で変わって来た事、こんな面を(育成)養って欲しいなあと、思うことがあれば、道場まで何時でもリアルに教えていただく、保護者と二人三脚で躾けはとても必要なことです
  年間行事の1つで、クリスマス会は大変毎年楽しみ行事としています。同志で同じ釜の飯を食うこと、これは、仲間とのコミュニケーション、絆を深めます。温故知新で古きして残したい地域ぐるみでの行事は継続してゆきたいですね・・・・・。

(まとめ)
・役割を持ち自主的行動が我を知る事に
・精神面の強さは好きな事から継続させる
・躾けは一方通行より二人三脚双方向から
・礼儀作法を、鉄は熱い内に打て
・同じ釜の飯を食う(胃袋をつかむ)

以上 12月12日神宮寺道院

f:id:jin-good-g-martial-arts:20191214174027j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20191214174108j:plain 

少林寺拳法/八尾市/柏原市/武道/教育システム