少林寺拳法大阪神宮寺道院 八尾市 柏原市

少林寺拳法健康プログラムと神宮寺道院のブログ

柏原市近くの~少林寺拳法健康プログラム 大阪神宮寺道院のブログです。八尾・志紀・柏原・法善寺・堅下・藤井寺地区にて活動しています。練習生募集中です。 現在は男女6歳から65歳を超える方まで、幅広い年代が共に練習しています。 武道、護身術に興味がある、運動不足解消、礼儀作法を身につけたい、心身を鍛えたい等、目的は様々と思います。 是非一度道場までお越しください。・・・・・楽しい仲間とともに、すてきな週末のひとときを…連絡先TEL: 090-8939-8160(下川)

■幼少の時期から強い意志を養う習慣

 意志の強さは、幼少から形成される、育つ環境、境遇、親からの躾けなど、強く”ダメなものはダメ、保護者の強い意志”、その気概が子供に身に付く、”少しだけいい?”との甘さでも生涯つきまとう、依存するか?否かについては、自己抑制力、子供自身の抑制によるものであると思う、”少しだけいいかな?”の甘さが、身に染みつく。
 現代では通信機器の代表的なモバイル、ゲーム依存性は、悪くなれば最大、精神疾患にも繋がる。また発症してしまえば親がダウンする程とも聞く。抜け切れるには、”自己の強さと”親の愛情の強さにて、更正されてゆく、などと著書でも書かれている。
道院で少年を預かる時、早いうちから自己抑制の意味を分かった上で服従させる、それが依存性の抑制に繋がる最大防御になるのではなかろうか。生活習慣の面では、目標を持たせて、努力を惜しまず、物事に集中力する。例をあげると、1.友人が少ない、2.話し相手がいない、3.楽しみ、集中するものがない。
 その意味で反省することは、”自信、勇気、行動力が伴わない、特技もない、人の前に立つことも少ない、全くない。”否定されてばかり、夢やロマンが見つからない。等など。
多感な時期の幼児~中学生まで、”夢中になれるもの、道徳心を教え養えて、共に汗をかき、友達を作るもの” 少林寺拳法神宮寺道院の忘れてならないのは、僅かでも一隅を照らし続けることです。合掌f:id:jin-good-g-martial-arts:20181110233826j:plain

f:id:jin-good-g-martial-arts:20181112231139j:plain

 

少林寺拳法/武術/武道/格闘