少林寺拳法大阪神宮寺道院
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少林寺拳法健康プログラムと神宮寺道院のブログ

少林寺拳法健康プログラム 大阪神宮寺道院のブログです。八尾・志紀・柏原・法善寺・堅下・藤井寺地区にて活動しています。練習生募集中です。 現在は男女6歳から65歳を超える方まで、幅広い年代が共に練習しています。 武道、護身術に興味がある、運動不足解消、礼儀作法を身につけたい、心身を鍛えたい等、目的は様々と思います。 是非一度道場までお越しください。・・・・・楽しい仲間とともに、すてきな週末のひとときを…連絡先TEL: 090-8939-8160(下川)

3/5(土)の練習(一般部)

こんばんは、林です。

忙しさにかまけて更新できてませんでした。

 

■参加者

 下川先生、武田先生、田中先生、野本、網、林

 

■基本

 

■技

 6級受験者…逆小手(?)

 初段受験者…組演武

 4段受験者…押受投、押受巻投(?) ちょっと技名忘れました…。

 

4段技にきて、崩しに膝抜きを使った沈身(でいいのか)を多用する技を教えて頂いています。

あくまで崩しの一つの方法です。

 

■強化練習

参加者: 田中先生、野本、林

 

今回は「突き」の練習が目立ちました。

 

私個人の注意点になりますが、下記を学びました…。

・膝をもっと柔らかく使う。特に前脚の膝を。

・左逆突き。脇が開く、肩が少し上がる。

 また後脚の踏ん張りが弱い。ベタ脚で膝だけを地面に向けるように。

・拳は指先から巻き込むように突く。

 目打ちのように打ち、突き込む瞬間に指先から巻き込んで突く。

 これができると、至近距離でボディへのショート打ちを効かせることができる。寸勁、虎砲。

・ワンツー。リズムはタン・タンではなく、パパンと。

・同じ箇所へ2連段突き。

 初撃を当てた同じ場所へ段突き。人間の反射が及ばない事を応用した効かせ技。同じ場所でないと効かない。初撃を当て、即そのまま膝抜き等で体を落としながら同じ場所を突く等工夫が必要。上記の指先から巻き込む突きだと効果は倍か。

・ノーモーションの突き。

 拳を投げるように。その拳に身体を載せる。野球のピッチャーのように前脚に体重を載せて突く。

 

空乱もしたいですが、基本の見直しやこういった研究も積み重ねていきたいですね。

 

では次回も宜しくお願い致します。

少林寺拳法/武術/武道/格闘