少林寺拳法大阪神宮寺道院

少林寺拳法健康プログラムと神宮寺道院のブログ

少林寺拳法健康プログラム 大阪神宮寺道院のブログです。八尾・志紀・柏原・法善寺・堅下・藤井寺地区にて活動しています。練習生募集中です。 現在は男女6歳から65歳を超える方まで、幅広い年代が共に練習しています。 武道、護身術に興味がある、運動不足解消、礼儀作法を身につけたい、心身を鍛えたい等、目的は様々と思います。 是非一度道場までお越しください。・・・・・楽しい仲間とともに、すてきな週末のひとときを…連絡先TEL: 090-8939-8160(下川)

9/26(土)の練習(少年部と一般部少し追記)

こんにちは、林です。

昨日もお疲れ様でした。

 

■少年部参加 ー 小学生2名(2年)。

1名は体験での参加でした。

ですが、今後正式に入会されるとの事!

仲間が増えます。うれしいことです!

これから頑張っていきましょう!!

運営側も楽しく厳しく継続してもらえるように頑張ります。

 

■基本

体験の方がいたので、基本を丁寧に見直し。

開足中段構えからの突き、蹴り。

移動稽古 - 順突き、逆突き、逆蹴り。

 

移動稽古。

予備知識のない(武道的に初心の)子供は順突きの動きが得意のようです

(右足踏み込みの際は右手の突き、左足踏み込みの際は左手の突き)。

ナンバ歩き的に、人の自然な動き方はこういうふうなのか、と考えました。

 

■胴への蹴り

直蹴り片足30本強ずつ。

つい廻し蹴りのようになりますが、

膝を上げ、足先はまっすぐ下から前に突き出すように蹴りましょう。

 

ーーーーーーーーーー

■一般部 追記

-振天二

 振り突き2連への対応。

 外受け、下受けとも内受けと同じく肘から(内腕刀で)受けをする。

 肘、肩の角度に注意。

 鋭角にすると受け側が負けます。

 また身体を使って受ける事。

 反撃は足刀です。下受けの際、身体をしっかり返して受ければ自然と足刀の姿勢になります。

 あとは間合いによります。

 

-居取送小手

 鉤手がポイントなのは立ち技も同じ。

 後脚側を開き、前脚と90度を保つようにしましょう。

 

ーーーーーーーーーー

 

■次回以降の練習に関して

空突き、空蹴りだけでなく、ミットや相手を実際に突く、蹴る練習をしましょう。

 

胴に向かって蹴ってもらうと、空蹴りでは意識しない、わからない力の入れ方を実感してもらえました。

 

空突き、空蹴りだけでは身につかない、実際に必要な力を入れた、反力に負けない突き方、蹴り方が身につきます。

間合いの感覚も同様です。

少年部も一般部も、ミットや実際に相手を突き、蹴る練習をしましょう。

少林寺拳法/武術/武道/格闘